News

2018.8

重要なお知らせ

こんにちは。日頃は日本エジミウソン財団の活動にご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

今回みなさまに重要なお知らせがございます。

先日、日本エジミウソン財団がワールドフレンドシップコイン(WFC)という仮想通貨の投資に協賛しているのですか?というご連絡をいただきました。

しかし、我々日本エジミウソン財団はそのような仮想通貨とはまったく関係がございません。

九州のほうにサッカー専門の学校を作るなどのお話も一切ありませんので、もし、そのようなお話しを聞いた場合は詐欺の可能性が高いのでお気を付けください。

よろしくお願いいたします。

2018.6

6月25日 第7回財団理事会を開催いたしました

6月25日に第7回財団理事会を行いました。

5月末には、部活動支援事業へ申請して下さった方々へのクーポン配布も完了し、申請者の方々からもたくさんのメッセージをいただきました。

理事会では、部活動支援事業で出た問題点・改善点について、また来年度の部活動支援事業に向けて話し合いを行いました。

来年度は今回でた問題点を改善し、より良いものを築き、少しでも多くの子供たちの支援ができるよう努力してまいります。

   

2018.6

静岡新聞に記載していただきました。

部活動支援事業のクーポン配布について、静岡新聞に記載していただきました。

この記事を読むことで少しでも多くの人にエジミウソン財団の活動を知ってもらい、次回の活動の際、1人でも多くの子供たちの夢のサポートができたらと思います。

また、エジミウソン財団に興味をもってくださった方、協力してくださる方が少しでも増えていただけたらうれしいと思います。

 

2018.4

部活動支援事業募集の延長のお知らせ

部活動支援事業募集の再々延長が決定いたしました。

 

2018年4月20日の締め切りでしたが、2018年5月18日に延長いたしました。

新年度がはじまり、どの部活にはいろうか悩んでいる子供たちも多いかと思います。

そのような子供たちのためにも、今回の延長を決定いたしました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

2018.4

4月6日 第6回財団理事会を開催いたしました。

4/6 第6回財団理事会を開催いたしました。

現段階の部活動支援事業の募集と応募状況の報告、寄附型エリア対応自販機についての話し合い、部活動支援事業 クーポン券の完成報告をしました。

寄付型エリア自動販売機とは、自動販売機の売上げ1本ごとに、ご希望いただいた団体へ寄付をすることができる自動販売機です。

これを夢の種まき自動販売機として設置してもらい、設置先様から販売手数料の一部を日本エジミウソン財団へ寄附していただくという流れをつくっていけたらと思います。

部活動支援事業の募集もまだまだ受け付けておりますので、よろしくお願いいたします。 

2018.3

部活動支援事業 募集の変更について

部活動支援事業募集の変更についてお知らせがあります。

今回、部活動支援事業への募集を3月末までの締め切りということでしたが、2018年の4月20日まで延長することが決定いたしました。

また、対象部活についても、サッカー・野球・バレーボールの3種目からさらに、ソフトボール・卓球・テニスも追加することが決まりました。

部活動支援事業募集の延長、3種目の部活動の追加により、さらに一人でも多くの子供がこの支援により夢を追いかけることができるよう、エジウソン財団一同も全力をもって取り組んでまいりたいと思います。

 

2018.3

新中学生の部活動の夢を応援します!!

中学校で部活、こんなスポーツをやりたい!
だけど、経済的にウチは無理かも・・・

日本エジミウソン財団は、平成29年度において就学援助の準要保護に認定されている浜松市と磐田市の小学6年生100名に新中学生になるご家庭で、サッカー、野球、バレーボールで使う用具・用品、遠征費用の一部を支援します。上限は1人20,000円までの支給を浜松市、磐田市の教育委員会と連携で募集しております。申込〆切は4月20日。支給は5月末の予定(現金振込またはクーポン券郵送)。
申込書はこちらにございます。

http://www.fundacaoedmilsonjapan.org/wp/wp-content/uploads/2018/03/1600fa5d152031f5430eb49d51bfadca.pdf

2018.2

ほっとけない!子どもの貧困2018シンポジウムに参加いたしました。

こんにちは。日頃は日本エジミウソン財団の活動にご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて、2月25日(日)アクトシティ浜松コングレスセンターにて「ほっとけない!子どもの貧困2018シンポジウム」が認定NPO法人浜松NPO ネットワークセンター(N-pocket)さんの主催で開催され、当財団役員と職員で参加させていただきました。

基調公演では認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい理事長、大西連氏の「子どもの貧困〜見えない貧困の背景にあるもの」と題し、「子どもの貧困」がテーマです。スマホや立派な家電があるのに貧困家庭?進学や学費はどうすればいい?貧困は自己責任?貧困の連鎖を防ぐには?子どもを取り巻く背景やその対策や制度について、わかりやすく解説・講演を頂きました。

子どもの貧困は現在7人に一人と言われていますが、実際にそういう子どもはなかなか目に見えません。どんな状況にいるの?その背景は?それらをしっかりと把握し、これからも日本エジミウソン財団にできることを考えてまいりますので、引き続き変わらぬご支援のほどお願い申し上げます。

また、平成29年度の「部活動支援事業」の募集も現在受付中ですので、対象地域、活動対象となる方の書類提出をお願いいたします。

 

2018.1

1月18日に第5回財団理事会を開催致しました。

1月18日に第5回財団理事会開催致しました。

部活動支援事業の募集と応募状況の報告、今後活動していくにあたり、こんなものが必要になるのではないか、こんなことをしていけばより良くなるのではないか、という意見交換をいたしました。

第一回目の部活動支援事業募集の締め切りが3月末。支援の実施は5月を予定しております。

今回は、サッカー・野球・バレーボールの3つが対象となりますが、一人でも多くの子供がこの支援により夢を追いかけることができることができるよう、エジウソン財団一同も全力をもって取り組んでまいりたいと思います。

 

2018.1

新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

おかげさまで平成29年度において就学援助の準要保護に認定されている浜松市と磐田市の小学6年生100名に新中学生になり、サッカー、野球、バレーボールの部活動を選択する生徒へ、一人20,000円までの支給を浜松市、磐田市の教育委員会と連携で募集することができました。支給時期は審査を経て5月末を予定しております。これもひとえに、各企業様方のご理解とご支援があったからこそです。改めて皆様のご支援に厚く御礼申し上げます。

個の努力だけではカバーしきれない子ども達の貧困問題に、私たちは目の前のできることからひとつひとつ取り組んで参りたいと存じます。

旧年中に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますと共に、本年も倍旧のお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。年頭にあたり、皆様のご健勝とご発展を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

 

2 / 3123