関係者各位

一般社団法人日本エジミウソン財団解散のご報告

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃は当財団の活動に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 この度当財団は、令和1年12月の理事会、評議員会におきまして、令和2年2月29日をもって解散することを決議いたしました。
 皆様方のご協力により過去2年間の活動「部活動支援事業」で、200名の新中学1年生に一人20,000円の支援をすることができました。これも皆様の多大なご支援・ご協力の賜物であると深く感謝いたしております。
 浜松市、磐田市の中学校の校長先生や教育委員会からのお礼や激励、又支援を受けた親御様からの感謝の言葉を沢山いただき、この事業の必要性を実感いたしました。しかしながら、当財団役員とエジミウソン本人との間に、財団運営の考え方に大きな隔たりがあり、互いに歩み寄ることができませんでした。 意義のある活動でしたが、このままエジミウソン氏の名前が付いた財団の活動には違和感があり、全役員の承認の下に解散することといたしました。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 今日までご支援、ご協力いただきました皆様に改めて厚く御礼申し上げさせていただきます。